「特別定額給付金」個人が10万円受け取れる手続きについて~上越市の場合~

新型コロナウィルスでは、様々な対策が政府から発表されています。
しかし!名前が難しくて、どれがどれだか分かりづらいですよね。
今回は、1人当たり10万円受け取れる「特別定額給付金」の手続きについてです。

対象は、2020年4月27日に住民基本台帳に登録されている人です。
※生まれているのに含まれなかったり、亡くなられた人が含まれてしまうので、基準日が設けられています

振込先は世帯主の口座です。
お父さん(世帯主)/お母さん/子供二人なら、10万円*4人=40万円がお父さんの口座に振り込まれます。
※別口座を指定することも可能です
※配偶者からの暴力などで避難されている人は、対策が用意されています

どの自治体でも申請方法は同じですが、時期が多少異なるようです。以下は上越市の場合です。

申請方法は2種類。どちらもとても簡単です。(2020年5月10日訂正:オンラインは、なかなか難しかったです)
1.郵送
5月14日(木)から申請書が各世帯に郵送されます。
これに記入して、必要書類を同封し返送するだけです。

2.オンライン
本日5月7日(木)から開始されています。
https://app.oss.myna.go.jp/Application/search?orgCode=15222
マイナンバカード所有者のみオンライン申請が可能です。
なお、新規のマイナンバカード申請は受付がパンクしているので、現時点で所有していない人は1.の郵送を使うのが無難です。

上記が完了すれば、5月28日から順次口座振込が開始されます。

使用用途は限定されていません。

・経済を回すために消費に!
・さらなる経済の悪化に備えて貯蓄に!
・こんな時だからこそ投資に!

いろいろな用途があるでしょうね。

私は何に使うか決めました。
皆さんはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

森田 耕司(株) 森田保険事務所 / 代表取締役
1978年 新潟県上越市生まれ。
青山学院大学理工学部卒業後、米国外資系の情報通信会社にてエンジニアとして9年間在籍した理系脳を生かして、大切なことを分かりやすくお伝えすることに日々邁進中。

<保有資格>
 ・2020年度 MDRT成績資格会員
 ・日本FP協会 2級ファイナンシャルプランナー
 ・住宅金融普及協会 住宅ローンアドバイザー
 ・日本損害代理業協会認定 損害保険トータルプランナー
 ・生命保険協会 トータル・ライフ・コンサルタント