2016年4月14日 21時26分に熊本県熊本地方を震源とする地震が発生しました。
マグニチュード6.5、熊本県益城町では震度7が観測されています。

被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
また、被災者の皆様をサポートされている方々、特に当社と同じ保険業界の方々、頑張ってください。陰ながら応援しております。

当社取扱いの損保ジャパン日本興亜では、専用のページを立ち上げています。
(画像クリックで該当ページが開きます)
名称未設定 1

さて、今回の地震ですが、どのぐらいの規模だったのでしょうか?

過去の地震と比較してみます。

  • 2004年10月 兵庫県南部地震 M7.3 震度7
  • 2004年10月 新潟県中越地震  M6.8 震度7
  • 2007年07月 新潟県中越沖地震 M6.8 震度6強
  • 2011年03月 東北地方太平洋沖地震 M9.0 震度7
  • 2014年11月 長野県神城断層地震 M6.7 震度6弱

気象庁では、震度7を以下のように定義しています。

  • 立っていることができず、はわないと動くことができない。揺れにほんろうされ、動くこともできず、飛ばされることもある
  • 固定していない家具のほとんどが移動したり倒れたりし、飛ぶこともある。

報道での映像をご覧になられているかと思いますが、このようなデータからも非常に大きな地震だったかが分かりますね。

============================

当社が親しくさせていただいているファースト保険企画さんと電話で話しました。
被害の大きかった益城町から車で10分程の場所にある、地元に根付いたプロフェッショナルの保険代理店さんです。

  • 今までにこんな地震が起きたことはない
    (九州では、2005年3月の福岡沖地震が最大でした)
  • 倒壊などの被害は一部に集中している
  • 屋根瓦の被害が大きい
  • とにかくお客様や、被災された皆さんをサポートします

とのこと。心強いですね。

現地の写真も送ってくれました。
1460711577728

1460711582940

次回は、改めて地震保険に書こうと思います。

この記事を書いた人

森田 耕司(株) 森田保険事務所 / シニアコンサルタント
新潟県上越市生まれの40歳。
青山学院大学理工学部卒業後、米国外資系の情報通信会社にてエンジニアとして9年間在籍した理系脳を生かして、大切なことを分かりやすくお伝えすることに日々邁進中。

<保有資格>
 ・2019年度 MDRT成績資格会員
 ・日本FP協会 2級ファイナンシャルプランナー
 ・住宅金融普及協会 住宅ローンアドバイザー
 ・日本損害代理業協会認定 損害保険トータルプランナー
 ・生命保険協会 トータル・ライフ・コンサルタント