本日1月31日には、生命保険の日とされています(MDRT日本会が制定)。

ほとんどの方は知りませんよね。

では、なぜこの日なのかというと、1882年(明治15年)の1月31日に、日本ではじめて生命保険金が支払われた日なんです。

支払われた保険金は、1000円。
当時の物価価値は今の3000~4000分の一ですので、
1000円 * 3000 = 3000万円
状況にもよるでしょうが、残されたご家族には安心いただける保険金だったのではないでしょうか。

生命保険が販売された日でもなく、契約された日でもなく、お客様の元に保障が届いた日ということ。

本当に大切なことというのは、100年経っても変わりませんね。

この記事を書いた人

森田 耕司(株) 森田保険事務所 / シニアコンサルタント
新潟県上越市生まれの40歳。
青山学院大学理工学部卒業後、米国外資系の情報通信会社にてエンジニアとして9年間在籍した理系脳を生かして、大切なことを分かりやすくお伝えすることに日々邁進中。

<保有資格>
 ・2019年度 MDRT成績資格会員
 ・日本FP協会 2級ファイナンシャルプランナー
 ・住宅金融普及協会 住宅ローンアドバイザー
 ・日本損害代理業協会認定 損害保険トータルプランナー
 ・生命保険協会 トータル・ライフ・コンサルタント