ネットサーフィンをしていたら、糸井重里さんが語る一番効くコピーというのを見つけました。

「洗って干して畳んでくれる洗濯機」

例えば、こういうコピーのようです。

洗濯をする人は、誰もが欲しいですよね。

放り込んだら、畳まれた状態で出てくる(もしくは洗濯機という名の家事ロボット?)わけですから。
妙に納得してしまいました。

こんなロボットなら、少し怖いですが。。。
title


これを、当社が扱う「保険という商品」に置き換えるとどうなるのでしょう?

「何が起きても安心で、続けることができて、信頼できる保険」

私がぱっと考えてみました。うーん、センスがないですね。

では、「保険という商品」は、何を求められているのでしょう?

私は、保険の大切なポイントはしっかり分かっています。
しかし、エッセンスとしてまとめようとすると、なかなか答えがでません。

さらに、保険 = 保険代理店ではありませんので、「保険という商品」を扱う「森田保険事務所」となるとどうなるのでしょう?

「森田保険事務所」といっても、いろいろな場面があります。

・「保険というご契約をお預かりする森田保険事務所」
・「リスクコンサルティングをする森田保険事務所」
・「お預かりしたご契約を末永くメンテナンスする森田保険事務所」
・「ライフプランニングやマネープランニングのお手伝いする森田保険事務所」
・「提携先と連携し、様々な問題を解決する森田保険事務所」

キリがないですね。

一年のはじめから、大切なことを「洗って干して畳んでくれる洗濯機」というコピーに気づかされた気がします。

2015年は、原点に返って、「本当に求められていること」を探してみようと決めました。

ぜひぜひ、皆様の意見をお聴かせくださいね。

この記事を書いた人

森田 耕司(株) 森田保険事務所 / シニアコンサルタント
新潟県上越市生まれの40歳。
青山学院大学理工学部卒業後、米国外資系の情報通信会社にてエンジニアとして9年間在籍した理系脳を生かして、大切なことを分かりやすくお伝えすることに日々邁進中。

<保有資格>
 ・2019年度 MDRT成績資格会員
 ・日本FP協会 2級ファイナンシャルプランナー
 ・住宅金融普及協会 住宅ローンアドバイザー
 ・日本損害代理業協会認定 損害保険トータルプランナー
 ・生命保険協会 トータル・ライフ・コンサルタント