Car_accident01

自動車事故に遭う確率ってどのぐらいなんでしょう?

国交省のデータによると、生涯で自動車事故を経験する人は「二人に一人」という計算になるようです。

もちろん、自動車「事故」ですので、

  • 自分の家で塀にこすってしまった
  • いたずらで傷をつけられた

といった自動車「保険」の対象が全て入っているわけではありません。


さて、二人に一人ということで考えると、多くの方が経験される事故は、「初めての事故」ともいえるかと思います。その初めての事故が、

  • 信号待ちをしてたら、後ろからコツンという小さな衝撃が。後ろの車が接触していた。

というような軽微なものから、

  • 人をはねてしまった

という重大なものまで、とにかく多くの方にとっては「初めて経験すること」となります。

その為、お客様から事故の報告をいただく時や、現場に駆け付けると、冷静ではいられない方がほとんどです。

それはそうですよね、「初めて」なわけですし、「事故」ですから。


少しでも落ち着いていただき、また安心していただく解決策として、以前からお客様に自動車事故の対応方法をお配りしていたのですが、この度リニューアルしました。

Car_accident

不幸にも自動車事故に遭ってしまった場合、この中に書かれている対応方法であったり、メモ書きを埋めていただければ最低限の事故処理が完了するようになっています。

弊社のお客様には順次お届けしておりますので、少々お待ちください。

また、誰でも使えるようにしよう!ということで、弊社のお客様以外でも、自動車をお使いの方ならどなたでもOKな内容になっております。

実際に事故で使われた方からも好評をいただいておりますので、法人・個人を問わず、ご希望の方はお気軽にお申し付け下さい。

この記事を書いた人

森田 耕司(株) 森田保険事務所 / シニアコンサルタント
新潟県上越市生まれの40歳。
青山学院大学理工学部卒業後、米国外資系の情報通信会社にてエンジニアとして9年間在籍した理系脳を生かして、大切なことを分かりやすくお伝えすることに日々邁進中。

<保有資格>
 ・2019年度 MDRT成績資格会員
 ・日本FP協会 2級ファイナンシャルプランナー
 ・住宅金融普及協会 住宅ローンアドバイザー
 ・日本損害代理業協会認定 損害保険トータルプランナー
 ・生命保険協会 トータル・ライフ・コンサルタント