097
大げさなタイトルかもしれませんが、それぐらい大切な保険の話です。

以前ラジオでお話する機会を頂戴した時も、この保険の話をしました。

「個人賠償責任保険」

これは身の回りに起こる「損害賠償事故」について補償する保険です。

自動車保険、火災(建物)保険は、とても分かりやすいですよね。「自動車」や「建物」は目に見えるものだからです。
しかし、「損害賠償事故」は、目に見えないリスクです。

具体的な事例としては、
・自転車で人をケガさせてしまった。車にぶつかった
・ペットの犬が、他人を噛んでケガをさせてしまった
・子どもが遊んでいる時に、友達にケガを負わせた
・屋根の雪が落ちて、隣の家を壊してしまった
・お店で飲み物をこぼして商品を汚してしまった
などなど

「他人の身体や財物に損害を与えた」という、身の回りに起こり得る様々な状況に対応しています。

お子さんやペットがいるご家庭では、イメージしやすいかもしれませんね。

現在は単体で契約することが難しく、「自動車保険や火災保険に特約で追加する」ことが主流になっています。
他にも賃貸マンションなどにお住いの方は、賃貸契約時に加入する家財の保険に含まれていることが多いです。

「保険金額が無制限」であったり、「示談交渉サービスの有無」など、それぞれ商品特長もあります。

対象となる方は「同居のご家族や別居の未婚の子」と幅広く、年間保険料は2,000円程度です。
月にすると約170円。

目に見えないリスクに対する保険ですので、イメージしていただくことが難しいかもしれません。
しかし、保険料が少なく、内容が幅広いというとても優秀な保険です。

ぜひ、保険のご担当者に「私の保険って個人賠償責任ついてます?」と確認してみて下さい。

※ゴルファー保険の賠償責任は、事故をゴルフ中に絞った「ゴルファー賠償責任」ですので、ご注意を。

この記事を書いた人

森田 耕司(株) 森田保険事務所 / シニアコンサルタント
新潟県上越市生まれの40歳。
青山学院大学理工学部卒業後、米国外資系の情報通信会社にてエンジニアとして9年間在籍した理系脳を生かして、大切なことを分かりやすくお伝えすることに日々邁進中。

<保有資格>
 ・2019年度 MDRT成績資格会員
 ・日本FP協会 2級ファイナンシャルプランナー
 ・住宅金融普及協会 住宅ローンアドバイザー
 ・日本損害代理業協会認定 損害保険トータルプランナー
 ・生命保険協会 トータル・ライフ・コンサルタント