082

今回は医療保険、つまり入院に備える保険の話です。

そもそも保険とは、「予期せぬ大きな出費」に備えるものと考えています。
大きな出費とは、どのぐらいなんでしょう?もちろん、その予期せぬことにもよるでしょうし、人によっても違いますよね。

急な出費が月に2万円で大きい!と感じる方もいらっしゃれば、30万という方もいらっしゃるかもしれません。
この大きな出費という考え方が、とても大切です。

なぜなら入院に関する「予期せぬ大きな出費」が、
「医療保険で備えたい、ではどのぐらいの保障にするか」、「貯金で何とかなる」
といった、判断基準の元になるからです。


さて、本題。

世の中には多くの医療保険商品があり、それぞれに特徴があります。
亡くなった時の保険、つまり死亡保険は、「亡くなった時」という点だけに備えているわけですから、あまり商品に変化がありません。
しかし、医療保険は手術や通院など対象となるものが多く、政府の方針によって入院の短期化が急速に進む中、次々と新商品が発売されています。

特色があるものほど、比較が難しいですよね。

比較方法の一例としては、

その保険に生涯でいくら払うのか ÷ 入院日額(入院1日につき保険から支払われる給付金)

という計算があります。

例えば30歳の方が、毎月5,000円の保険料を60歳まで支払、入院日額10,000円という医療保険の場合、

((60歳-30歳)*5,000円*12か月) ÷ 10,000円 = 180
つまり、この保険は180日入院すると保険料と給付金がイコールになるということです。

医療保険を比較する場合は、まずはこの計算をすることをおすすめします。
例えば、

 ・A保険:180日
 ・B保険:250日

これだけなら、Bの方が少しだけ良い保険かもしれません。

少しだけと書いたのは、各商品の特色が自分にとってどれぐらいの価値があるのか?という点が重要だからです。

「A保険は手術で5万円しかでないけど、B保険は40万円でる」とか、「B保険は三大疾病になるとその後の保険料が不要になる」

という特色があれば、B保険を選ぶ方が増えるかもしれませんね。つまり、価値は人それぞれということですね。


「180日も入院なんてしないから、出費に備えて貯金をした方が良い!」という意見もあり、それも一つの正解だと思います。
ただし、最初に書いたように「大きな出費」は、人によって異なりますし、同じ人でも年代や家族構成によって違うかもしれません。

いずれにせよ、自分にぴったりの方法で備えたいですね。

この記事を書いた人

森田 耕司(株) 森田保険事務所 / シニアコンサルタント
新潟県上越市生まれの40歳。
青山学院大学理工学部卒業後、米国外資系の情報通信会社にてエンジニアとして9年間在籍した理系脳を生かして、大切なことを分かりやすくお伝えすることに日々邁進中。

<保有資格>
 ・2019年度 MDRT成績資格会員
 ・日本FP協会 2級ファイナンシャルプランナー
 ・住宅金融普及協会 住宅ローンアドバイザー
 ・日本損害代理業協会認定 損害保険トータルプランナー
 ・生命保険協会 トータル・ライフ・コンサルタント