最近、間が空いてしまい申し訳ございません。
やはり年末は師走というだけあって、ブログを書く時間を作ることができません。

これからは頑張ります!

さて、今日は医療保険のお話です。
いろいろな方からお話をお聴きすると、医療保険は「日額5000円 or 10000円」や「入院1日目から出るのか?」ということを気にされている方が多いようです。

今日は、「他にもこういう視点がありますよ」というお話です。

生命保険協会から、医療保険の統計データが出ています。

名称未設定 1

入院給付金の合計:6728億円
請求件数:596万件

手術給付金の合計:3689億円
請求件数:338万件

数が大き過ぎてよく分かりません。整理してみましょう。

入院:6728億円/596万件 ≒ 11.3万円
手術:3689億円/338万件 ≒ 10.9万円
338万件/596万件 ≒ 56%

大まかに言えば、
入院1回につき56%の人が手術を受けていて、「入院日額*日数」と同額程度の手術給付金を受け取っている
と考えることもできますね。
※もちろん複数回の入院、手術などもありますので、あくまで大まかなお話です。

手術給付は、「手術の内容によって、日額の40倍、10倍…をお支払い」といったものが増えています。

入院1回につき56%の人が手術を受けていて、「入院日額*日数」と同額程度の手術給付金を受け取っている

この統計データからすると商品の比較検討には

「手術給付の内容、倍数や対象となる手術」

これも大切ということですね。

この記事を書いた人

森田 耕司(株) 森田保険事務所 / シニアコンサルタント
新潟県上越市生まれの40歳。
青山学院大学理工学部卒業後、米国外資系の情報通信会社にてエンジニアとして9年間在籍した理系脳を生かして、大切なことを分かりやすくお伝えすることに日々邁進中。

<保有資格>
 ・2019年度 MDRT成績資格会員
 ・日本FP協会 2級ファイナンシャルプランナー
 ・住宅金融普及協会 住宅ローンアドバイザー
 ・日本損害代理業協会認定 損害保険トータルプランナー
 ・生命保険協会 トータル・ライフ・コンサルタント