Echigo

来年、上越市に新幹線が開通します。
地方都市では新幹線開業はビッグイベント、各種準備が進んでおります。

月に1,2回程度は東京方面に出張してますので、結構気になる話題です。

そんな出張で東京に行く時は、
主に:直江津駅 - ほくほく線(特急) -> 越後湯沢駅 - 上越新幹線 -> 東京駅
時々:高田駅 - 信越線(特急) -> 長野 - 長野、上越新幹線 -> 東京駅

ほくほく線

約2時間 ~ 2.5時間ぐらいとお考えください。結構近く感じませんか?
朝イチに出て、最終で戻ってくれば十分日帰りで仕事できます。素晴らしい!

ちなみに、東京の平均通勤時間はこんな感じです。
皆様、お疲れ様でございます。

original

2時間以上は、約3%。比較すると、上越 <-> 東京は通勤圏内と言えませんね。

さてタイトルのように、

北陸新幹線が2015年3月14日に開業します。

万歳!

車両は最新のE7系です。その名も、「かがやき」、「はくたか」、「つるぎ」という美しい響きです。
panel01

ルートは、

上越妙高駅 - 北陸、上越新幹線 -> 東京駅

時間は110分です。もっと素晴らしい!
※【訂正】乗り換えなしだと全ての駅に停まり、長野で乗り換える方法もありますが、現時点では正確な時間は不明です。

東京なら、約6%が該当。ちょっと通勤できそうな気も。。。
(東京駅からの移動がありますので、そんなに単純ではないですよね)

ちょっと悲しいのは、上越妙高駅に停車する本数。片道7本。
6時始発の20時終電の14時間なら、2時間に一本という計算です。

上越妙高駅に停車する本数。片道14本。
6時始発の20時終電の14時間なら、1時間に一本。本数としては十分でしょうか。
(JRのプレスリリースから抜粋)

JRE 3

最後に、気になるのは東京からの終電時間。今だと20時12分なんです。
これだと、友人や関係者の方とご飯を食べても慌ただしくて。

もう少し遅くなると嬉しいですね。

この記事を書いた人

森田 耕司(株) 森田保険事務所 / シニアコンサルタント
新潟県上越市生まれの40歳。
青山学院大学理工学部卒業後、米国外資系の情報通信会社にてエンジニアとして9年間在籍した理系脳を生かして、大切なことを分かりやすくお伝えすることに日々邁進中。

<保有資格>
 ・2019年度 MDRT成績資格会員
 ・日本FP協会 2級ファイナンシャルプランナー
 ・住宅金融普及協会 住宅ローンアドバイザー
 ・日本損害代理業協会認定 損害保険トータルプランナー
 ・生命保険協会 トータル・ライフ・コンサルタント