週末は、久比岐能へ。

毎年一回行われている、能のイベントです。
今年は緑美しい高田公園(桜で有名ですね)での開催と楽しみにしていたのですが、台風11号の影響で屋内となりました。

kubikinou

kubikinou2

素人なので、分からないことだらけなのですが、少し調べてみると、以下のように分類されるようです。
・狂言:猿楽能の滑稽な部分を劇化したもの。市民の日常生活などが題材。
・能:猿楽能を指すことが多い。神話や歴史上の物語が題材となることが多い。
・歌舞伎:能楽とは異なり、派手で楽しませるような演技が特徴。

今回は狂言と能。

極めて市民、日常的な私には狂言「末広がり」が非常に面白く、能「土蜘蛛」は美しさと物悲しさを感じるに留まりました。

都会なら毎週末に観れるのかもしれませんが、年に1回のイベント、それを心待ちにするというのも地方ならではの楽しみ方ですね。
kubikinou1

関係者の皆様、ありがとうございました。

この記事を書いた人

森田 耕司(株) 森田保険事務所 / シニアコンサルタント
新潟県上越市生まれの40歳。
青山学院大学理工学部卒業後、米国外資系の情報通信会社にてエンジニアとして9年間在籍した理系脳を生かして、大切なことを分かりやすくお伝えすることに日々邁進中。

<保有資格>
 ・2019年度 MDRT成績資格会員
 ・日本FP協会 2級ファイナンシャルプランナー
 ・住宅金融普及協会 住宅ローンアドバイザー
 ・日本損害代理業協会認定 損害保険トータルプランナー
 ・生命保険協会 トータル・ライフ・コンサルタント